HOME > The仕訳 > お店 > 賃貸保証金

賃貸保証金

お店の仕訳④

[お題]ワインショップの店舗を借りる際に賃貸保証金を支払った。この場合の仕訳は?

コツ
賃貸保証金は、支払時に費用として認識されるものではなく、家賃の担保という位置づけであるため資産として計上する。それが賃貸保証金のコツ!

【仕訳】 賃貸保証金 1,000 / 普通預金 1,000
TAG
店 保証金 家賃 資産

Situation

はじめ君 :
先輩、ワインショップの賃貸保証金、ずいぶんと高くないですか?

りさ子先輩:
そうね、場所も青山の一等地だし、保証金も20ヶ月分だし、そんなもんじゃないかな。

はじめ君 :え?!20ヶ月分?!僕が今の家を借りる時は、敷金は2ヶ月分しか払ってませんよ。

りさ子先輩:賃貸住宅の敷金と、こういう店舗の保証金では、金額が違って当然よ。はじめ君は、なんのために敷金や保証金を払うか説明できる?

はじめ君 :えっと、退去時の修繕費用やクリーニング費用のためですよね。

りさ子先輩:半分は正解ね。他には?

はじめ君 :そう言われると・・・

りさ子先輩:もう一歩ね。特に事業用の賃貸の場合は、担保としての性格が強いわね。だから、金額も大きくなるの。

はじめ君 :賃料が払えなくなった場合の担保っていうことですか?

りさ子先輩:そう。万が一、賃料が払えなくなった場合には、そこから充当できるっていうことね。

はじめ君 :なるほど。つまり、貸主からしたら預り金、逆に借りる方から見れば預け金ということですね。

りさ子先輩:はじめ君、今日は冴えてるわね。借りる方から見れば、返してもらう権利があるということになるから、費用ではなく、資産に計上するのね。

はじめ君 :そっかぁ、そういうことか。

りさ子先輩:じゃ、だいたい分かったところで、きちんと入力しておいてね。賃貸契約書のコピーも取って、ファイルに挟んでおくのを忘れないように。

はじめ君 :了解しました。