HOME > The仕訳 > 会社設立 > 開業費(固定資産)

開業費(固定資産)

会社設立に関する仕訳⑥

[お題]開業準備期間中に内装工事を行った。この場合の仕訳は?

コツ
会社設立後、開業までの期間に行ったものであっても、固定資産は開業費ではなく固定資産で計上する。よって建物付属設備で仕訳しよう。それが開業費(固定資産)のコツ!

【仕訳】 建物附属設備 800 / 未払金 800


※開業費は、経常的な費用にあたるかどうかの判断が必要となります。経常的な費用にあたるかはご自身でよくご検討下さい。
※勘定科目は金額の大小、会社の状況などによって変わって来ます。包括的に検討して勘定科目を決めましょう。
※固定資産は使用に供した時点から減価償却がスタートします。内装などの建物附属設備なら、開業した日などを持って使用に供した日となりますね。
TAG
開業費 創立費 資産 繰延資産 固定資産 会社設立

Situation

はじめ君 :
もうすぐ、先輩ともお別れですね。 寂しいです。

りさ子先輩:
そうね、私もはじめ君がいなくなると寂しいわ。 でも、会えなくなるわけじゃないんだし、たまには一緒に飲みに行きましょう。 とりあえず、はじめ君が転籍する前に飲みに行きましょうね。

はじめ君 : もちろん、先輩のおごりですよね!

りさ子先輩: そうね。今回は餞別代りにおごってあげるわ。

はじめ君 : やった~!


りさ子先輩: でも、その前にこの開業準備期間中の処理を終わらせてしましましょ。 もう、一人で処理できるわね?

はじめ君 : もちろんですよ。任せてください

りさ子先輩: じゃあ、この請求書の仕訳は?

はじめ君 : 新ワインショップの内装工事の請求書ですね? 結構、内装にもお金をかけたんですね。

りさ子先輩: 素敵な内装に仕上がったって話だから、今から見るのが楽しみね。

はじめ君 : そうですね。オープンしたら、行ってみたいですね。

りさ子先輩: そうね。それで、内装工事の仕訳は?

はじめ君 : こんなの簡単ですよ!開業準備期間中のものだから・・・

【ミス仕訳】 開業費 800 / 未払金 800

りさ子先輩: はじめ君、間違いよ。開業準備期間中のものであっても、固定資産は、固定資産 で処理しなきゃ。このままでは不安だわ~。 そうだ、いいこと思いついたわ・・・

はじめ君 : 何か嫌な予感がするんですけど?

りさ子先輩: 今度飲みに行ったときに、私が特別に講義してあげるわ。 今までの復習をしましょ!