坂上信一郎税理士事務所・公認会計士事務所[エスエス会計]






エスエス会計の確定申告サービスをご案内します。

 税理士さんを頼むと報酬が高いのでは?難しい要求をされるのでは?と不安になる方も多いのではないでしょうか。
 エスエス会計の確定申告は、「わかりやすく」「シンプルに」がモットー。小さな疑問から業務展望まで、お客様が納得するまで、わかりやすい言葉でご説明いたします。
 一人で悩んでいた事業主の方、相続や不動産譲渡などで、急遽確定申告が必要になった方、まずはご相談ください!有資格者が責任を持ってお答えいたします。

初回相談は無料(3時間まで)です。もちろん、有資格者が面談します。お気軽にお問合せください。

TOP

まずはご相談ください!!

エスエス会計では、確定申告に関わる諸申告をワンストップでお受けいたします。一口に確定申告と言っても、所得の種類と申告方法は複雑です。あなたの事情を丁寧にお伺いし、必要な申告手続きを漏らさず行います。

お問い合わせはこちらLinkIcon


確定申告サービスいろいろ

まずはいろいろな所得の種類を確認しましょう。個人の収入と言っても、サラリーマンの給与から資産を売った時の収入までさまざまです。よくわからない場合でも、事情をお伺いした上で、アドバイスいたします。

お問い合わせはこちらLinkIcon

不動産を持っている方

不動産にまつわる税金いろいろ

アパート、マンションを貸している方は、家賃収入を所得として確定申告を行う必要があります。

もし、賃貸人が会社に事務所として貸しているならば、消費税の確定申告も必要になるかも知れません。

また、不動産を手放す場合は、譲渡所得の申告が必要です。

サラリーマンの方

サラリーマンにまつわる税金いろいろ

サラリーマンの確定申告と言えば、主に還付申告となります。具体的には次のようなものがあります。

●高額な医療費を支払った場合には、医療費控除が受けられます。
●住宅を買った場合には、住宅取得控除が受けられます。
●義援金を払った場合には、寄附金控除が受けられます。

もし年末調整で扶養家族を間違えて申告してしまった場合には、確定申告で訂正を行うことができます。

個人事業主の方

個人事業主にまつわる税金いろいろ

SOHOで開業したけれど、今年は法人登記を見合わせた・・・。その場合は、確定申告が必要です。脱サラをした人は、給与所得と事業所得を合わせて所得税を計算するので、事業所得が赤字の場合は、税金の還付が受けられるかも知れません。

もし黒字なら、青色申告を行うことで、節税効果も実感できますね。

PRICE

エスエス会計の確定申告サービスは、明朗会計。まずはお見積りをいたしますので、ご相談ください。

お問い合わせはこちらLinkIcon

エスエス会計の確定申告価格表

所得/控除の種類
料金(単価)
条件等
  基本料金 20,000円 電子での申告
となります。
オプション料金 ※基本料金に項目により以下の金額を加算します。
【所得】


給与所得 0円 追加料金はありません。

退職所得 0円 追加料金はありません。

不動産所得 10,000円 賃貸物件1物件あたり
(賃貸契約書1枚を1物件として取り扱います。)


事業所得 - SOHO/小規模事業パッケージを適用します。→詳しくはこちら
  譲渡所得
(株式・特定口座以外) 
50,000円 譲渡対価~1,000万円
    120,000円 譲渡対価~5,000万円
    200,000円 譲渡対価~1億円
    応相談 譲渡対価 1億円超
  譲渡所得
(株式・特定口座) 
2,000円 年間取引報告書1枚あたり
   配当所得 1,000円 支払調書1枚あたり
(みなし配当は譲渡所得として取り扱います。)
  一時所得 5,000円 1件あたり(保険返戻金・その他一時金)
  雑所得(年金) 1,000円 源泉徴収票1枚あたり
  雑所得(その他) 応相談  
【控除】     
  住宅取得控除 20,000円 初年度
    2,000円 2年目以降
  医療費控除 5,000円 医療機関ごとに集計済みであること
(集計未済の場合は応相談)
  寄附金控除 2,000円 寄附先1件あたり
  雑損控除 20,000円  
【その他】     
  消費税申告書 応相談 法人の消費税申告に準じます。
  更正の請求 応相談   
  修正申告 応相談  
  贈与税 応相談 財産価額により、相続税申告に準じます。
  特急料金 20,000円 事前相談なく、資料の到着が3/1以降となる場合
  紙での申告 応相談  

確定申告FAQ

個別の事例はいろいろですが、エスエス会計がいただくよくある質問をまとめました。FAQにない質問事項は、お気軽にエスエス会計までお問い合わせください。

お問い合わせはこちらLinkIcon

Q1 1年間の領収書は袋に全て入れてあるので、そのままお渡ししたいと思います。これらから申告書を作成してほしいのですが、お願いできますか?

A1 送付する資料は、お客様のほうで整理していただくよう、エスエス会計ではお願いしています。本年の1月から12月までの年間で、どのような事業活動をしてきたのかがわかるのは納税者本人だけです。


エスエス会計では、送られてきた請求書や領収書を機械的に処理することはできません。また、申告書を作成する以外にこういった書類整理に時間を使わなければなりません。私どもから請求させていただく報酬も、かかった時間に応じて高いものになってしまいます。

1年間の事業活動を振り返るためにも、お客様のほうでの書類整理を行っていただくことは、有意義だと考えます。

Q2 領収書などを整理するのに手間取っています。整理した資料を送れるのが3月10日ごろになってしまいますが、大丈夫でしょうか。

A2 あまり申告期限に近い場合はお受けすることができません。


依頼人に整理していただいた書類に関しては、エスエス会計でも詳細に確認を行い、不明点をお客様に確認したのちに申告書をまとめ上げることになります。

エスエス会計内では第三者チェックを行い、お客様に確定申告数字の報告後、申告を行います。正しく申告を行う為には避けて通れないプロセスがございますので、あまり申告期日に近い場合は、依頼をお受けすることは難しくなります。

Q3 プライスリストを元に報酬を見積もったところ、高くなってしまいました。もう少し安くできませんか?

A3 もちろんご相談に応じます。業務内容を見直し、報酬を適正金額に持って行きましょう。


Q2でお話したとおり、正しい申告の為には、カットすることのできないプロセスがありますので、あまり安い金額でお受けすることは出来ないかもしれません。

でも、会計ソフトの導入を行うなど、業務内容を見直すことで、適正な報酬を算定することは可能です。あきらめてしまう前に、是非一度ご相談ください。

本サイトをご利用にあたって(※必ずお読みください。)
エスエス会計のウェブサイトは、次の事項を承諾の上、ご利用ください。
・エスエス会計が本サイト及びブログ上で提供する情報の著作権はすべてエスエス会計に帰属します。
・エスエス会計が本サイト及びブログ上で提供する情報のご利用は商用、個人ともに自由ですが、コンテンツは標準的な作業を想定しているため、利用する方の事情と合わない部分があることをご了承ください。
・エスエス会計が本サイト及びブログ上で提供する情報を利用した際に生じた損害は、全て利用する方の責任となります。
・エスエス会計が本サイト及びブログ上で提供する情報は、無断で他のホームページに転載することを禁止します。
・エスエス会計が本サイト及びブログ上で提供する情報は、プリントアウトして個人間、社内で配布、利用することは自由です。
・本サイトに掲載されている情報は、初回掲載時の法令、会計基準等に準拠しております。税制改正等を反映していないものもありますので、コンテンツご利用時点の各種制度と照合の上、ご利用ください。

ご契約のお客様には、
「いつでも相談パック」を標準装備

いま聞きたい!!に答えます。


マイナンバーをどう取り扱うか迷っている皆さんも、エスエス会計のマイナンバー対策を参考にしてみませんか?安全でシンプルな管理を目指しましょう。

LinkIcon詳しくはこちら

エスエス会計では、お客様のご要望にフレキシブルに対応するために、様々なITツールを導入してします。



住所
東京都中野区中央4-9-6 1F

営業時間

定休日:土日祝日
TEL:03-3382-0664
FAX:03-3382-9539
Skype:050-5806-3382
MAIL:info@ss-accounting.com
SkypeID ss-accounting