坂上信一郎税理士事務所・公認会計士事務所[エスエス会計]




エスエス会計から、経営者の皆様へのメッセージをコラムにしてお届けします。

HOME > AboutUs > Work&Price > Colomn > 確定申告を意義あるものに。

確定申告を意義あるものに。

Feb. 1,2012

━━━2月になり、いよいよ確定申告の季節になりました。2月と3月は確定申告についてお話していただきたい思っています。坂上先生、よろしくお願いします。

  • よろしくお願いします。そうですね、我々会計事務所にとって1年の中で最も忙しい時期であるとともに、個人事業主やオーナーの方にとっても毎年ドタバタする時期になりますね。

━━━その確定申告ですが、どのような点に注意が必要でしょうか。

  • 一口に「確定申告」と言っても、大きくは2つに分けられます。
  • まずは、サラリーマンが行う還付申告として位置づけられるものです。医療費控除や住宅取得控除がこちらに当たります。必要書類さえ揃っていれば、記入もあまり難しくありませんのでご自身で申告される方もたくさんいらっしゃるでしょう。分からないところがあれば、税務署などでも丁寧に教えてくれます。
  • もう1つは、個人事業主の確定申告です。一定以上の売上高になると消費税の申告も必要になる場合もありますし、こちらは少し手間がかかりますので、出来れば私どもにご依頼いただくことをお勧めします。
  • 個人事業とはいえ、エスエス会計では会社の経理と変わらないレベルの精度で対応しておりますし、事業主の方にもきちんと経理体制を構築することをお願いしております。

━━━会社と同じレベルとは、また随分とハードルが高いようにも聞こえますが。

  • 少し刺激的な表現になってしまったかもしれませんね(笑)
  • 「会社の経理」というと、ハードルが高そうに聞こえるかもしれませんが、そんなに特別なことをする必要はありません。
  • まずは領収書・請求書などの証憑をきちんと整理した上で処理をすること。そして、それを申告書を作成するために集計すること。たったこれだけです。 



━━━言われてみると、当たり前のことのようにも聞こえますね。

  • そう、一般企業であれば当たり前のことです。しかし、個人事業主の方は本業が忙しく、なかなか証憑を整理するということが難しいようです。
  • そのための時間が捻出できないということもありますが、まずはどのように整理したら良いかも分からないわけです。どうやったら良いか分からないからどんどん後回しになる、後回しになると整理する量が増える、量が増えると更に手がつけられなくなる・・・という負のスパイラルに陥ると、頭では分かっていてもなかなか対応が難しくなるようですね。
  • そこでエスエス会計では経理の仕方からアドバイスさせていただいております。初年度は大変だと思われるかもしれませんが、一度処理のルールを作ってしまえば、以降はそれに従って機械的に処理するだけですから、そんなに手間はかかりません。

━━━具体的にいうとどのようなところがポイントになりますか。

  • 個人事業の取引というのは、大きくは収入と経費に分けることができます。
  • 収入は、売上金額と回収状況が確認できる資料が揃っている必要があります。
  • 経費は、科目ごとに、そして発生した期間をきちんと把握して整理しておくことが必要です。
  • いずれにしても、整理の際の判断基準となる一定のルールが必要ですね。それさえ決まってしまえば、あとは処理するだけです。
  • エスエス会計にはそのノウハウが豊富にありますので、個人事業主の方の負担が増えない形での効率的な方法をアドバイスさせていただきます。

━━━それは頼もしいですね。

  • もちろん、確定申告の時期はそれなりに時間も取られると思いますが、それをなるべく効率化できる方法をご提案することを心がかけております。
  • もう1つ、エスエス会計では皆様に青色申告での申告をお勧めしているのですが、その際にはぜひ会計ソフトの導入をしていただきたいですね。最近では、高機能の会計ソフトも随分と安価で手に入るようになりました。
  • 証憑の整理がきちんと出来ていれば、それを会計ソフトに入力するだけで無条件で青色申告控除が取れる申告書を作成できるだけのものが作れます。
  • ある程度関数が使える方であれば、表計算ソフトを使って集計されてもいいのですが、その後の申告書の作成まで考えると、やはり会計ソフトの方が望ましいですね。

━━━青色申告は手間がかかるというようなイメージをお持ちの方もたくさんいらっしゃると思いますが、その点はいかがでしょうか。

  • 青色申告控除は、きちんと証憑を揃え、正確に申告をするという前提での控除制度です。
  • では、青色申告控除を取らなければ、適当な数字で申告していいかというと、それは大きな誤解です。私どもは事業を営んでいく上でのきちんとした数字の把握は絶対必須だと思っておりますし、数字をきちんと管理されている事業主の方がその後の業績を伸ばされていく確立が圧倒的に高いということもあります。
  • 確かに一手間かかることでありますが、ご自身の事業にもプラスの影響がありますし、更に65万円の所得控除が取れるというのは大きなことですからね。
  • エスエス会計では、青色申告を基本にサービスを提供しておりますし、そのためのアドバイスやサポートとはしっかりと行いますので、そのあたりで迷われている方はぜひ一度ご相談いただければと思います。

━━━なるほど、青色申告は控除額だけでなく、業績にもプラスの効果があるのですね。本日はどうもありがとうございました。

坂上のコラムの次回更新は3月上旬です。引き続き確定申告についてのお話をお届けする予定です。おたのしみに。

ページの先頭へ